戦略人事が大切!ビジネスを成功させるために考えるべきこと

新しいビジネスの考え方!将来を見据えた戦略人事

社内

ビジネスに役立つツール

ビジネス現場において、業務の効率化を目指す企業も多く存在しています。そのため、現在ではITツールの導入が多くの企業によって注目されているのです。特に、最近では様々なITツールが開発されており、ERPパッケージ、自動消し込みツール、メールの誤送信への対応に便利なツールなど多種多様なものです。それらのITツールから、目的にマッチしたツールを導入することができれば、自社での業務の効率化は間違いありません。また、国によって軽減税率対策が施策されている現在では、ITツールの導入も比較的に楽になっています。そのため、自社のためにもITツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

経営戦略で有効性を保つ

ITツールを導入する上で、経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させることは非常に大切なものです。こういった戦略人事という考え方はビジネスを成功させることに繋がります。どの業界・業態にも言えたことですが、競争優位を目指そうとする会社とそうでない会社では品質やサービスに差ができるものです。経営戦略において十年以上を見据えて行動できる企業は、やはり将来的にも安心できます。特に、ITツールを導入することを考えている場合、システム導入から運用まできちんと考えなければ、導入する意味やメリットを見出せません。そのため、システムやソフトを導入するときは、定期的なオペレート業務の見直しだけでなく、将来的なプロジェクト管理をしっかり考えましょう。

ITツールの導入を成功させるためのポイント

何をしたいのかを明確にする

目的が曖昧なまま、ITツールを導入してしまうとやりたいことができないどころか、上手く利用できずに効果を得ることができないという可能性も十分にあります。そのため、ITツールを導入するときには、戦略人事の考え方に基づき、自社がどんな目的でツールを導入するのかを明確にしておきましょう。

ツールを利用する人を確認する

導入が決定した場合、そのITツールを利用するのは誰になるかということも確認しておきましょう。使う人のスキルやリソースを無視してツールを導入しても、有効活用することは難しいです。特に、社内全体で導入する場合には、連携を含めた上でツールをどのように使うのかを考えておきましょう。

業務の現状を把握する

ITツールの多くは、現状の業務からデータ蓄積や分析によって、業務効率化を目指すことを目的としています。そのため、業務の現状を正確に把握することは非常に大切です。既存の業務や施策全体の中で、ツールをきちんと機能させることができるのか?ということを現状を整理し、確認しましょう。

ツールの得意分野をチェックする

ITツールといえど、「何でもできる」というわけではありません。どのツールにおいても得意分野と不得意分野があり、それぞれのツールで有効性や使い勝手が異なります。高価格帯のツールであれば、できることも増える傾向にありますが、ツールの導入時には得意分野をチェックしておくといいでしょう。

導入コストと維持コストを把握する

この数年で新しいITツールは次から次へと開発され、様々なタイプのツールが登場しました。それに伴い、価格の選択肢の幅も広がりつつあり、各ツールによって導入コストと維持コストが変わってきます。コスト削減を行なうためにも、導入コストと維持コストを把握した上で、導入を進めましょう。

クラウド版とパッケージ版のメリット

クラウド版

・サーバーマシンを用意する必要がない。
・インターネット環境があれば、アクセスが可能。
・初期費用が0円のものが多い。
・バージョンアップやバックアップは販売元が管理してくれる。

パッケージ版

・サーバー管理やメンテナンスを自社でできる。
・VPNなど外部アクセス環境があれば使用可能。
・既製品から自社でカスタイマイズすることができる。
・予め作られているため、導入期間が短くて済む。

ITツールに関するQ&A

パッケージ開発か独自開発か迷っているのですが、どちらを選べば?

自社での業務が専門性が高い場合、1からツールを独自開発した方が業務に沿ったシステムが導入できるはずです。しかし、そうでない場合には、パッケージ開発の方を選ぶことをおすすめします。パッケージ開発の方が比較的に価格が安く、品質が安定しているので、満足できるシステムが作れるはずです。

[PR]戦略人事のために専用システムを導入!
利用者の声をいくつも紹介

[PR]軽減税率の計算はプロにお任せ!
経営の負担を軽減しよう

[PR]タレントマネジメントに興味があるならココ!
サービス内容を掲載中★

[PR]メールと違って誤送信の対応ラクラク☆
業務にチャットを利用しよう

[PR]消し込み作業には専用システムを導入しよう
作業効率アップが実現可能☆

広告募集中