消費税アップの前に備えよう!軽減税率対策を徹底解説

軽減税率対策に便利な制度~補助金でITツールの導入へ~

消費税アップの前に備えよう!軽減税率対策を徹底解説

オフィス

軽減税率とは何か?

現在、日本において成立した税制改正関連法が施策され、「軽減税率」に注目が集まっています。軽減税率とは言葉の通り、通常の税率よりも低く抑えられた税率のことを言います。この軽減税率の対象となる品目は、「外食」「酒類」以外の飲食料品と週2回以上発行される新聞購読料が該当します。

外食サービスへの影響

外食や酒類が軽減税率の対象とならないということで、多くの飲食店が軽減税率について深く考えていないかもしれません。しかし、実は軽減税率の対象に「加工食品」が含まれており、テイクアウトや加工食品を取り扱っている店舗は、軽減税率の恩恵を受けれる可能性が高いです。その外食と加工食品の定義については、未だに議論されている問題ですが、軽減税率の対象となるメニューがある場合には、コスト削減のためにも見直しておくことをおすすめします。

補助金制度がを活用しよう

軽減税率対策補助金制度を活用することで、ITツール導入にかかる費用の一部が国によって負担されます。補助金制度に該当する条件としては、現行のレジシステムの改修、もしくは複数税率対応のレジの導入にかかる費用などが挙げられます。また、最近ですとタブレットPosレジの導入にもこの補助金制度を活用することが可能です。軽減税率対策しながら、新しい新レジを導入できる制度なので、ぜひ活用しましょう。

導入するレジシステムをチェック!

軽減税率対策補助金制度が利用できるかは、導入するレジシステムによって変わってきます。そのため、新しくツールを導入する前に、「そのツールが補助金制度に対応したものなのか」をしっかりとチェックしておきましょう。

軽減税率を好機に変える

軽減税率に関して、飲食店のオーナーや経営者にとって有益な補助金制度の概要を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?外食産業の方にとって軽減税率はチャンスの一つです。経営力をアップするためにも、この機会を逃さず、経営の効率化を目指すといいでしょう。

広告募集中